男性の33日間チャレンジ The 33 Day Men’s Challenge

 [English below]

「33分の武士」のサイトへようこそう。

10月から33日間チャレンジが聖書アプリの聖書プランとして登場します!どうぞ、YouVersion聖書のアプリを使って、友達と一緒にぜひやってください。プランの設定の中、兄弟と一緒にするオプションをすれば、毎日の応答するチャレンをYouVersion の中から共有することができます。

YouVersion聖書アプリを通して、このサイトに辿り着いた人、大歓迎です。補足のコンテンツは、ここでご覧ください:

第一週目の集まり CONNECT TIME - WEEK ONE
自分の霊に聞く LISTENING TO YOUR SPIRIT 
セルフコンセプトダイアグラム SELF CONCEPT DIAGRAM

第二週目の集まり CONNECT TIME - WEEK TWO
「父親の必要、父親による傷」

第三週目の集まり CONNECT TIME - WEEK THREE
「性的な傷の癒し」

第四週目の集まり CONNECT TIME - WEEK FOUR

第五週目の集まり CONNECT TIME - WEEK FIVE

武者修行の合宿 ビジョンと説明

また、クリスチャン男性の弟子作りをサポートします。コネクトしたい人は、メール、またはFaceBookで繋がってください:

mail@33minute.com

FaceBookグループ


Welcome to the 33 Minute Warrior site. 
From October this year the 33 Day Challenge will be available as a Bible reading plan on the YouVersion Bible app. If you choose to do the challenge with a friend, you can share the daily Response Challenge from right inside the app. You can still access the extra content here on this site.

For those who have found us via the YouVersion Bible app, welcome! 
Please check out the extra content here on this site, particularly to help you when you get together with a warrior brother, and other units on healing of the Father wound, and sexual healing. We hope you find these things helpful. 

Extra content (not in the Bible Plan)

CONNECT TIME - WEEK ONE
LISTENING TO YOUR SPIRIT 
SELF CONCEPT DIAGRAM

CONNECT TIME - WEEK TWO
FATHER NEED & OUR FATHER WOUND

CONNECT TIME - WEEK THREE
SEXUAL HEALING

CONNECT TIME - WEEK FOUR

CONNECT TIME - WEEK FIVE

WARRIOR TRAINING WEEKENDS - Vision and Outline

If you’d like to connect to this growing network of men, please get in touch:

mail@33minute.com

FaceBook Group


武者修行の合宿

武者修行の合宿 [English is in previous post]
PDFダウンロード:http://onfirejapan.com/onfire/33MW/2020-7-WTW-Japanese.pdf




33日間チャレンジの後半、または終わってから、少人数の兄弟と一緒に一泊二日(二泊三日でも)の武者修行合宿を計画してください。このような合宿は、一人一人の成長と解放のために、大きく用いられると信じます。

合宿のビジョンと目標
この時間は、真の男のスピリットを引き継ぎ、神の男として生きていく願望を確かめ合うチャンスです。
神を愛する男、自分の妻を愛する男(既婚の人の場合!)、そして互いを愛し合う男たちと共に、心をさらけ出すのは、なんと力強いことでしょう。
  • 天の御国を信じる男性たちが心からの分かち合いをし、自由で親密な関係を築くこと。
  • 真の男性として生きるために、話しだけでなく、実践し、体験すること。

ガイドライン:
これはあくまで概要です。神様がされること、語られることに心を開き、柔軟に対応することが重要です。
  • 皆のスケジュールに合わして、一泊二日か、二泊三日を予定してください。
  • 33日間チャレンジを一緒にやった兄弟、また男性の弟子作りに興味のある男性4人~8人と一緒にやるのが望ましいです。
  • それぞれの背景、境遇が異なっていればいるほど、互いの観点から学ぶ点が多いはずです。
  • 宿泊施設は、シンプルで手頃な料金を選びましょう。
  • 心身ともにリフレッシュできる、自然の中、野外活動ができるような場所を選びましょう。
  • 話し合いに集中できるよう、食事は自炊を避け、食堂やレストラン、出前などをあらかじめアレンジしておきましょう。
________________________________________
一泊二日のスケジュールの例:
1日目
9am - 集合、野外活動、お弁当持参
2pm - 温泉
4pm - 宿泊施設にて、集まり、賛美、 ストーリーをシェアする時間
6pm - 晩御飯
7pm - 集まり、賛美、 ストーリーをシェアする時間(キャンプファイアなど)

2日目
9am - 朝食、集まり、賛美、  ストーリーをシェアする時間
11am - 「男になる」通過儀礼
12pm - 昼食
1pm - 温泉
3pm - 解散
________________________________________
二泊三日のスケジュールの例:
1日目
6pm - 集合、夕食
7pm - 集まり、賛美、  ストーリーをシェアする時間(キャンプファイアなど)

2日目
9am - 朝食の後、野外活動
12pm - 昼食(お弁当?)
2pm - 温泉
4pm - 宿泊施設にて、集まり、賛美、  ストーリーをシェアする時間
6pm - 晩御飯
7pm - 集まり、賛美、  ストーリーをシェアする時間、または、ディスカッション

3日目
9am - 朝食の後、集まり、賛美、 ストーリーをシェアする時間
11am - 「男になる」通過儀礼
12pm - 昼食
1pm - 温泉
3pm - 解散
________________________________________

野外活動
半日ほどの野外活動を予定し、しっかり体を動かしましょう。運動やエクササイズ、馴染みのないスポーツへのチャレンジなど、楽しい活動を通じて、男同士の親睦を深めてください。
例:
・山登りやハイキング等、サーフィン、水泳、サイクリング、エアソフト、フィールドアスレチック、キャンプファイアや飯ごう炊さんなど。
・ボランティア活動:ある合宿では、キャンプ場の掃除をしました。地域のゴミ拾いやクリーン作戦など。

賛美
ギターの弾ける人がいるなら、聖霊の導きによって、簡単なワーシップの時間を持ってください。
楽器のできる人がいなかったら、詩篇のことばなどを使って、「感・感・願」(感謝・感動・願望)の時間を持ってください。ゆっくり時間を取り、イエス様を賛美し、聖霊様の導きを求めましょう。



自分のストーリーをシェアする
互いの人生のストーリーをシェアすることが合宿の鍵となるので、各自、真の男になった証しを分かち合う機会を持ちます。 
一人が中心にならないように配慮しながら、皆が自分の「男となった旅」についてシェアします。時間の流れも、一人ではく、皆が聖霊様の導きによって、感じていること、受け取っていることをシェアすることができます。
御国を中心にする男たちが、自由で親密な関係の中、オープンに話すチャンスです。こういう話し合いが、合宿の鍵となります。一方的に話を聞くだけではなく、相手の経験を敬い、そこから学ぶこともできます。
互いの人生について安心してシェアできるよう、場の清さを損なうような話題は避けるように徹底しましょう。
強がる必要はありません。自分の弱さを認めて、ありのままでシェアすることによって深い絆を育むことができます。他の人も正直に話せる安心感が与えられます。
他人の必要に目を注ぎ、彼らに仕えることを通して、もっと自分のことを理解することができるように主が助けられます。同じ志を持った男性たちと、こうやって共同体を経験するとき、神にある兄弟と共に神の御国の建設と拡大を実感することができます。我らは皆、このような男性同士の深い交わりを求めています。これこそ、神の御国です。

この質問を考えましょう:
事前に、この質問を参加する兄弟に送って、あらかじめシェアする内容を考えて準備しておきましょう。

  • 自己紹介、家族
  • 初めて神様と出会った話し
  • 初めて本当の「男」になった話し
  • 今までの大きな戦い(試練)の話し
  • 今までの大きな勝利(解放、癒し)の話し
  • 今現在の心境

自分のストーリーをシェアするガイドライン:
  • リードする人がまずモデルとして最初に行うのが望ましいです。経験のある兄弟が先にシェアすることによって、次の人がオープンに話す模範となります。
  • 参加人数によりますが、個々の時間は1時間を目安として行うことをお勧めします。例えば、20分シェアしてから、皆のフィードバックを聞き、そして兄弟のために祈り、励ましと預言の言葉を与えましょう。必要なら、タイマーを使ってください。
  • 最も重要なのはありのままで正直に語ることです。そうすることで、より充実した時になるはずです。
  • アドバイスや問題に解決を与える時ではなく、兄弟の話を聞き、耳を傾ける時間です。
  • 成長して前に進むことを助け合いましょう。また神の男になるのを妨げる過去の縛りなどがあれば、断ち切る祈りをしましょう。
  • シェアすべき内容は各自その時におのずと分かるはずです。
  • もちろん、ここでシェアされることは、口外無用です。

フィードバックのための質問:
  • 兄弟の話で感動したことはありますか?
  • 認めてあげたい兄弟の長所などは何ですか?
  • 神様は、彼の話を通して、何を語られていますか?



「男になる」通過儀礼
「少年は、真の男になるための模範=年上の男性、父的存在が必要です。」
参加者の中に、 少年を洗い流し、真の男になるべきだと神様の導きを感じる兄弟はいませんか?
この時間は、昔からある通過儀礼のようなもので、本人の決断に基づいて行い、力強く、預言的な時間、その人の人生の転換期にもなるでしょう。
若い世代の兄弟の決断を認め、彼らの内にある霊を成熟したものとして呼び起こすことによって、自分自身の歩みや、今までの転換期、乗り越えてきた葛藤、成長などももっとはっきり自覚できるようになります。

この時間も、事前に準備してください。
「33分の武士」の兄弟に聞きましょう:
  • 「いつ真の男になったと感じましたか?」
  • 「そのきっかけはなんですか?」
もし、聖霊様によって、まだ「男」になっていないように示されたら、ぜひ合宿の間にこの「男になる」通過儀礼に参加することを考えてください。

場所:
柔軟性があります。前例は、真冬の湖、夏の海、または、温泉の中。できれば外で自然に囲まれた場所を勧めますが、それぞれのグループで決めてください。

ガイドライン:
  • 「男になる」通過儀礼を行う兄弟は、若い世代の男性だけに限られていません。年上の人でも、「男になる」決断をする必要がある(まだやったことがない!)と主からの導きを感じる人は、誰でもどうぞ!
  • 儀式の前に、これまでの歩みを簡単にシェアする時間を持ちましょう。他の兄弟からのフィードバック、励まし、祈りと預言などをシェアしてください。(内容を書き留め贈る)
  • 兄役の人は、水の中に導き、第1コリント13:11の御言葉から宣言しましょう:
    「私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。」
  • 本人に自分の言葉で宣言してもらいましょう:「子供である自分を捨て、子どものことをやめて、主の前で、兄弟の前で、主の男となる決断をします!」
  • 兄役の人が兄弟を水に沈めましょう。
  • 水から出たら、砂辺に線を引いて、彼が線を越えたら皆で「一人前の男」として温かく迎え入れましょう。そして彼を受け入れ、ハグして、また祈りましょう。
  • 成人になった記念品としてささやかなギフトを準備して贈りましょう。
  • 兄弟は、まだ洗礼を受けていないなら、同時に洗礼を授けることが主の導きかどうか、ぜひ祈って聴いてみてください。


その他、主の御心は?
参加する兄弟が皆、自分で聖霊様の導きに聞き従う責任を持って欲しいです。常に、「主よ、あなたは、何をなさりたいですか?」と聞きましょう。
兄弟のために祈る時に、 聞きましょう:
  • 「聖霊のバプテスマが必要な人がいますか?」
  • 「悪霊を追い出す必要は?」
  • 「体や心の癒しが必要な人は?」

また、自由に話し合う時間に余裕があれば、男性としての旅を応援する課題を考えて、ディスカッションしてみてください。
  • 前もって良い質問を準備してください:
    • 「男らしさ」を自分の言葉で定義してください。
    • どうやって、神の男として生きる?
  • 性についての話などの難しい課題を避けないでください。
  • オープンに、現実的に話し合ってください。
  • 自分の弱さや失敗などの話も避けないでください。
  • ディスカッションなので、一人が説教すること、または自分の意見を押し付けることなどを避けてください。

最後の分かち合い、フィードバック
もし時間があれば、最後の昼食時に各自の振り返りの時間を設けて、印象深い出来事/特別な瞬間/神様が語られたことなどを分かち合いましょう。

その他の具体的な準備
  • 写真や動画で記録を残してください。
  • 皆の時間が豊かになるために、事前にとりなしの祈りをしてもらうよう、誰かに頼みましょう。
最後に
武者修行の合宿を通して、一人ひとりの男性が真の男としての旅路をさらに前進できるよう励まされる、素晴らしい時間となるよう信じ、祈っています。

「男性の中にあるその厳しい性質を目覚めさせ、天の目的に結び付け、内にある戦士を解放することができれば、少年は成長して、本当の男になることができます。」
ジョン・エルドレッジ

Marty Woods & Jef Linscott

Warrior Training Weekends - English

WARRIOR TRAINING WEEKENDS [日本語版は別の投稿]
Towards the end or shortly after the 33 Day Challenge, we recommend holding a Warrior Training Weekend with a small group of men. We believe that this time away can be a breakthrough for many men - and set them on a powerful journey of growth. 

Vision and Purpose:
The weekend is about the passing on of the spirit of manhood and the strengthening of each man’s desire to be more of a man of God. It is profound to do this with other men who are willing to be vulnerable, who love God, each other and love their wives (if they are married).
  • Kingdom minded men gather for a time of open sharing and to develop deep connections. 
  • Freedom and intimacy grows as we truly become a “band of brothers.”
  • To not just talk, but an opportunity to model, practice and to encourage each other to live as real men.
Guidelines:
There is no set pattern, but here are some guidelines:
  • Plan either one or two nights away.
  • Invite 4-8 guys; it is helpful if they have been doing the 33MW with each other but it is not essential.
  • It is good to have a variety of different men there for each man illustrates a different aspect of manhood.
  • Accommodation should be affordable.
  • If possible choose a location in nature as it really helps to relax and is good for doing some physical activity.
  • Consider having meals prepared or provided to increase time for connection and sharing.
________________________________________
EXAMPLE SCHEDULE: One Night, Two Day
1ST DAY
9am - Meet up for physical activity & lunch.
2pm - Onsen! (hot-spring)
4pm - Hotel - get together - worship, share story
6pm - Dinner
7pm - Evening get-together - share story

2ND DAY
9am - Morning get together - worship, share story
11am - “Welcome to Manhood” time.
12pm - Lunch
1pm - Onsen
3pm - Finish
________________________________________ 
EXAMPLE SCHEDULE: Two Night, Three Day
1ST DAY
6pm - Meet, have dinner
7pm - Evening get-together - worship, share story

2ND DAY
9am - Physical activity & lunch.
2pm - Onsen! (hot-spring)
4pm - Worship, share story
6pm - Dinner
7pm - Evening get-together - share story, discussion on manhood

3RD DAY
9am - Morning get together - worship, share story
11am - “Welcome to Manhood” time.
12pm - Lunch
1pm - Onsen
3pm – Finish 
________________________________________

Physical Activity
Include some good physical activity during your time away.
Eg. A good hard hike, challenging for the guys - not just a walk! Or a obstacle course, paint-ball, swimming, a meal in a forest around a fire etc
Alternatively, any sort of physically challenging activity; some guys got together to do cleaning at a Christian campsite. It could be volunteer work etc. but shouldn’t take more than 1/2 a day.
Ultimately you can do any activity that builds both community and a level of intimacy between you.

Worship
If there is someone who can play guitar etc. then ask him to lead times of Spirit-led, intimate worship. If not, consider worship through reading Psalms and praying as a group. Either way, take a good amount of time to welcome Jesus to your time together, and invite the Holy Spirit to lead.


Share Your Story
The key to our time together is based on each man sharing their story; no one controls the weekend and each person has the opportunity to share their journey to manhood. Everyone there needs to feel the freedom to share and influence the flow.

This is a place where Kingdom minded men can talk openly as real men of God together in freedom and intimacy. It is the building of this intimacy that makes the weekend.
To not just talk about being men but feeling and experiencing our masculine spirit. 
We share life together and seek to make sure there is nothing in our conversations that gets in the way of purity.

We bond through vulnerability and sharing weaknesses, not in pretending to be strong. When we are vulnerable there is room for everyone to open up.
While during the weekend we seek to be men for others, God also helps us to learn more about ourselves. 
We each become a man among men; it is profound for each of us to experience this in community: brothers together building the Kingdom of God.
These weekends model the level of intimacy that men long for - a place where they deeply experience the Kingdom.

Consider these questions:
Share these questions before the time away so people can prepare themselves for what they want to share.
  • Share an overview of my life - family, challenges, joys.
  • When did I really encounter God?
  • When did I really become a man?
  • What are some significant battles?
  • What are some significant victories?
  • Where am I at now in my journey?

Some guidelines on sharing story:
  • The first person to share should model openness and vulnerability to the others so they can see how it works.
  • Depending on the numbers and the time you have aim for 1 hour total per person; 20 minutes sharing and then everyone giving feedback, blessing and praying for the brother - giving prophetic words and encouragement. (Use a timer if need be. We don’t want anyone to miss out!)
  • The most important thing is to be real and honest. It is about setting up a safe warm environment where men’s spirts are free. 
  • We agree to listen to each other and don’t try to fix anyone up. We are not giving advice but sharing stories. 
  • We take the opportunity to break anything in their past that may hold them back from being God’s man. 
  • Stay open to the process and what you sense is right – then you will know what is good to share and do.
  • Make it clear what happens over the weekend stays amongst us -  we don’t share it with others what is said. This totally helps to build a safe environment.

Here are some useful questions for giving feedback:
  • What touches you from his story?
  • What do you want to affirm in them?
  • What is God saying to you through it?


“Welcome to Manhood” Opportunities
“Boys need elders to step up to show them how to grow into good men.” (Jessica Shapiro)

Is there anyone in the group who feels challenged to make the journey from boyhood to manhood?
This time is a kind of a rite-of-passage, to challenge men to leave boyhood behind to become a man; It is a powerful prophetic act that often becomes a turning point in a man’s life.
As we reach out to affirm the man we are initiating, seeing him and validating his journey and his spirit - we can see more clearly our own spirit and the markers of our own journey to manhood.

Again, prepare in advance before the weekend by asking your 33MW brother something like:
  • “When did you really become a ‘man’?” 
  • “How do you feel that happened?”
If the Holy Spirit shows them that they haven’t really made that journey, then invite them to be part of the “Welcome to Manhood” time during your time away.

Location: There is freedom: this has been done in freezing lakes in mid-winter, at hot-springs, or at the beach in summer!

Guidelines:
  • The man being initiated is usually younger, but older men who feel God leading them can do this too, of course! They just feel the need to “wash away the boy” and be welcomed to manhood.
  • Have them share story, just before the washing ceremony (if possible); share feedback, prophetic words (someone write them down.) and pray for him.
  • You can have them consider these questions to answer if need be:
    • What does it mean for you to be a man?
    • Where are you most alive?
    • How do you want most to live it out?
    • When you are 70 and look back what do you want to be most thankful for?
  • Their “older brother” can take them into the water - and pray over them while declaring 1 Corinthians 13:11 or similar:
    When I was a child, I talked like a child, I thought like a child, I reasoned like a child. When I became a man, I put the ways of childhood behind me.”
  • Have them declare with their own mouth something like: “I leave the boy behind, and choose to become a man for my LORD!”
  • Dunk him in the water.
  • After coming out of the water, draw a line in the sand, have all the rest of the men stand on one side and invite him to step over the line to “manhood”.
  • When he does that, gather around him, hug him and welcome him to manhood!
  • Share our commitment to him and pray for him; 
  • Finally, prepare in advance to give him a small gift representing the masculine journey; a symbol of his call, something to remember the weekend by. It may be something you make for him or something that you feel you would like to give him as he steps into manhood.
  • If the man hasn’t been baptised yet, this can be an opportunity to baptise him, but please check first and make sure they this is what you feel the Spirit leading.

Open Discussions
If everyone has finished sharing, and you have the time, you may want to stimulate a discussion on the masculine journey, or what it means to be a man. This can be a great chance, particularly for “boys” who will be becoming men, to ask questions about following Christ and being the man the Father is calling us to be.

Prepare and use engaging questions. Eg:
  • “How would you describe what manhood is in one word or sentence?”
  • “How do you live a life as a man of God?”
Don’t avoid difficult topics; eg. regarding sexuality etc. Be as real as possible.
Share from a place of vulnerability – not giving answers to everything. Remember it is a discussion!

What else does God want to do?
Encourage active participation and the responsibility of each person gathered to follow the leading of the Holy Spirit.
Have each brother ask God: “What are you wanting to do now, Lord?”
When praying for each other, ask God:
  • Do you want to fill someone with your Holy Spirit?
  • Do you want to cast out a demon?
  • Is there something you want to physically heal?

Debrief:
Perhaps during the final meal together, or at a follow-up gathering (in person or online) you can ask each other these questions:
  • What has been significant about the weekend for you? 
  • What was the highlight for you?

Other Practical things to remember:
  • Try to keep a photo record of the weekend and even possibly produce a video.
  • Have a team of people praying for the weekend.
  • Make a commitment to ensure brothers are not left on their own after a significant weekend; continue the discipleship process intentionally.

Final Thoughts 
We believe that your Warrior Weekend will strengthen each man’s own journey to manhood and become a marker in their life. 

“If we can reawaken that fierce quality in a man, hook it up to a higher purpose,
release the warrior within, then the boy can grow up and become truly masculine.”
John Eldredge

Complied by Marty Woods & Jef Linscott